第108回☆里山道場開き(3月15日/2020年)の様子をUPしました♪

2020年3月15日、☆★第108回★☆里山道場開きを行いました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、一部内容を変更しましたが、
3月の道場開きも無事に開催できました。

「こんな事態の中だからこそ、自然の中でリフレッシュし、ストレスを軽減できる居場所を確保したい!」という思いから開催しました。

アカガエルの卵からおたまじゃくしが沢山孵っていたり、
ヒサカキの花の独特な香りが漂っていたり…
里山に春の訪れを感じました。

この日は、今年度わらべで収穫したお米(紫黒米さよむらさき)を混ぜてお赤飯風ごはんを炊きました。
災害時、非常時の食料確保のことも少し意識して、ポリ袋での炊飯にチャレンジ。
「ポリ袋での炊飯は初めて!」という参加者も多く、良い経験になったようです。

畑では、小松菜(エンドウのコンパニオンプランツとして植えました)を一部収穫していただきました。
甘くておいしい!
次回の種まきに備えて、土づくりも行いました。

2020年3月15日、☆★第108回★☆里山道場開きを行いました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で一部内容を変更しましたが、「こんな事態だからこそ、自然の中でリフレッシュし、ストレスを軽減できる居場所を確保したい!」という思いから…

里山道場 わらべさんの投稿 2020年3月27日金曜日